古代中国・オリエントの美術 リターンズ|永青文庫(21.12.18~22.2.13)

2020年2月に開催するも途中閉幕となった「古代中国・オリエントの美術」展を再びとのことだけれども、だいぶ展示品は入れ替わっていた。安井曾太郎などの日本近代画家が中国を描いた絵画の展示はなく、「金銀玻璃象嵌大壺」(重要文化財)をはじめとした古代中国の美術13点を新たに展覧。2階の展示室は閉鎖されており、そこに展示されていた高麗茶碗は、今回はなし。

今回あらたに展示されるもので最も目立つのは《灰陶三人将棋盤》(19)。漢の時代のもので、駒はなく遊び方はよくわからないらしいが、文字や柄や文様などが刻まれている。また小さいもので魅力的な作品がいくつか。《多彩玻璃珠》(21)は親指大くらいの大きさのガラス玉で緒をとおす穴が空いている。四隅の突起が不思議。複数の色ガラスを用いていて、とても愛らしくデザインされている。また鏡も親指の先くらいの大きさの《銀貼八稜鏡》(25)、それより一回り大きい《金貼鳥獣葡萄八稜鏡》(24)は、こまかな細工が優れる。ともに唐代のものだが後者のほうが時代が古く質もいい。《銀人立像》(6)は銀でできた小さな人間の像で、珍しい作品だという。なんともいえない味のある像だった。オリエントの作品では前回も見た《ゴールドバンドガラス碗》(32)が相変わらず素敵だった。他にも時代場所いろいろなものがあったが、古代中国のよりは魅力に乏しいと思う。

f:id:nonori915:20220121174631j:plain
f:id:nonori915:20220121175104j:plain
f:id:nonori915:20220121175108j:plain